» 金貨:メイプルリーフ

金貨:メイプルリーフ

メイプルリーフ金貨とは、英語ではCanadian Gold Maple Leafとして有名で、フランス語ではFeuille d’erable en orとなります。
そのほかの国でも知名度は高く、多くの国で親しまれている金貨です。
カナダ王室造幣局より発光されている、地金型金貨がこのメイプルリーフ金貨になります。

1979年に初めて創鋳されて以来、毎年発光されているのです。
金貨の表面んはエリザベス二世の肖像が、裏面にはサトウカエデの葉が浮き彫りにデザインされています。
純度はなんと99.99パーセント以上が保たれており、24カラットの純金製となっています。
それぞれ1トロイオンスから1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、また1/10トロイオンス、1/20トロイオンスという5種類のものが存在します。
カナダにおいては、法定通貨として価値を持っていますが50カナダドル、20カナダドル、10カナダドル、5カナダドル、1カナダドルといったものは名目上だけのものになります。
市価は額面よりも想像以上に高いともいわれており、価値は相当高いようです。
1979年から1981年に発光された金貨の純度は99.9%であり、額面の金貨のつくりなどは、額面表示以外は変わらずまったく同じままです。
このメイプルリーフ金貨が発行される前までは、地金型金貨の主なマーケットは南アフリカのクルーガーランド金貨が独占状態となっていました。
しかしアパルトヘイトへの抗議として行われた、南アフリカの製品のボイコットによって地位を奪われました。
このメイプルリーフ金貨の成功により、世界中が地金型金貨市場へ参入していますが今もメイプルリーフ金貨の人気は変わらないままです。

便利サイト。

  • 浄土真宗親鸞会(名古屋)のサイト。