» 金メダル

金メダル

夏季・冬季オリンピックにおいては、優勝者へは金メダルの授与が行なわれることは誰もが知っていると思います。しかし、この金メダルというのは、実は純金であるわけではないようです。純度としては92.5%以上の銀製のメダルに、6g程度の金メッキを施したものであると、これは実はオリンピック憲章でも定められていることです。
そのため、金メダルを地金で売却したところで、価格はとても安くなります。もちろん、オリンピックでの優勝をした証であるという、付加価値は存在しています。
これは、背景としてはオリンピックが開催される国に配慮をしたための制度であるようですね。仮に、すべての金メダルを純金にしてしまったとすると、非常にコストがかかることになります。それでは、オリンピックを開催することができない国が出てきてしまうかもしれません。そのためにどの国でも開催を行なうことができるように、コストを抑えるための措置であるといわれています。金の価格は現在でも高騰が起こってしまうために、自然な成り行きであるといえるかもしれません。
一方、ノーベル賞でのメダルは純金であるようです。

趣味リンク