買取案内の館

更新情報

             
2014/06/24

記事を修正しました。

2012/10/18

サイトがオープンしました。

2012/10/18

サイトがオープンしました。

金の通貨・投資対象としての利用

なぜ、金は資産運用のための投資対象となっているのでしょうか。その理由としては、まずは換金性が非常に高い金属であるというものがあるでしょう。金というのは、それ自体で価値を持っている金属であり、実物資産であるということです。これに関しての取引も非常に多く行なわれています。インフレにも強くなっており、信用リスクと無縁であるということもメリットとして考えられるでしょう、また、持っていても税金がかかるようなことがないという特徴もありますね。
社会的な不安要素として、最近では年金不安や少子高齢化社会、原油の高騰などによって起こるインフレなどについての不安があります。だからこそ、現在では将来に対しての備えとしての、金に対しての投資に注目が集まっているのかもしれません。金の相場は、ドルという世界機軸通貨に対しては、逆相関関係になっているといえます。また、株とも債券とも違った動き方をするものです。そういった資産の目減りをカバーするためにも、守りの資産として強い価値を見ることができるのではないでしょうか。 More »

金貨:メイプルリーフ

メイプルリーフ金貨とは、英語ではCanadian Gold Maple Leafとして有名で、フランス語ではFeuille d’erable en orとなります。
そのほかの国でも知名度は高く、多くの国で親しまれている金貨です。
カナダ王室造幣局より発光されている、地金型金貨がこのメイプルリーフ金貨になります。
More »

ウィーン金貨ハーモニー

800年もの伝統ある歴史を持っているオーストラリア造幣局によって作られたのが、現在ヨーロッパで唯一発光されている純金、地金型金貨が、ウィーン金貨ハーモニーです。
More »